カルトナージュ ~フレンチスタイルの箱~

c0173719_15594926.jpg

c0173719_1604167.jpg
広岡先生の7・8月のレッスンで作りました。
初リバティファブリックの作品です。
この作品の特徴の台座が張り出している形には綿ローンなど
薄手の生地を引っ張り気味に貼ると美しく仕上がるとのことでしたが、
その点この生地はとても扱いやすかったです。

いつも箱本体と蓋は別の布を使用していましたが、
今回は外側はこのリバティのみにしたのがなんだか新鮮!
少しノスタルジックな雰囲気でお気に入りです。


レッスンの時に、広岡先生がフランスの蚤の市で買われたという
1920年代のアンティークの箱を見せていただきましたが
それらは、すべて1種類の生地で作られていました。

下の箱はアンティークというわけではないのですが、
今から20年以上前にお友達からプレゼントされたリバティ社の箱で
アクセサリー入れとして大切に使ってきました。
たぶん手作りと思われるこの箱が、私がカルトナージュに出会った最初の箱です。
蓋を開くとプリントが色鮮やかで、長い年月のあいだに外の生地が色褪せたことがわかります。
c0173719_161143.jpg
c0173719_161343.jpg

[PR]
by luxe-style | 2012-08-27 16:08 | カルトナージュ
<< カルトナージュ ~折り畳みミラー~ カルトナージュ ~ファイルBOX~ >>