<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

智積院へ

昨日、夫と東山七条の智積院に行ってきました。
お目当ては、国宝『桜図』。
桜の季節になると人が多くなるのではという予想のもと
今年の桜のさきがけとして、見ておきたいと思っていたのです。
c0173719_23502090.jpg
智積院には、長谷川等伯一門の手による障壁画が残されています。
共に国宝に指定されている「楓図」と「桜図」ですが
「楓図」が長谷川等伯作、「桜図」のほうは等伯の長男、久蔵の作だそうで
宝物庫に収蔵されています。
2本の桜の幹を中心に白い八重桜が全体に配置され
大胆な構図は見ごたえがありますが、
時代を経て金箔や絵具がかなり退色している感じは受けました。
大書院にある“レプリカ”(↑ 写真)は桃山時代の当時の金箔障壁画を模写再現したもので、
まばゆいばかり。
この「桜図」の襖絵の隣には「楓図」が、
上段の間には「松に立葵図」が再現されていました。

c0173719_23504684.jpg
金堂や大書院には五色幕が張られていて、それは美しいものでした。
智積院は真言宗の僧侶を志す人が修行する「学山」で
若いお坊さんが多数学ばれているようです。
金堂から拝観入口に行く途中で
学僧さん5人くらいが一列で歩いてこられて、挨拶をしてくれました。
先頭は黄色い衣を纏ったまだ年若い尼さん。
とても爽やかで映画のワンシーンのようでした。
広い境内ですが、京都には珍しく観光客も少ない
貴重な穴場だと思いました。
季節を変えてぜひ出かけたいです。


お寺をあとに、ランチの相談をしていたところ
ここまで来たら滋賀もすぐだねという夫の一言で
以前、前を通りがかって気になっていた浜大津のフレンチレストラン
湊町倶楽部」を訪ねました。
お料理のペースはゆっくりでしたが、お魚もお肉も
そしてデザートもどれも美味しくて、◎でした。
[PR]
by luxe-style | 2012-02-13 23:59 | おでかけ

カルトナージュ ~ポプリボックス~

c0173719_18542595.jpg
先日avec-soinのレッスンで教えていただいたポプリボックスです。
中央の窓部分が透明ですが、中に市販のアクリルボックスをセットしているのです。
薄めの生地のほうが向いているとのことでしたので
アンナグリフィンのダマスク柄の生地を使うことにしました。
ご用意いただいた蓋の“つまみ”がエレガントで、生地との相性もGOOD!
中身が見えるボックス、楽しい使い途を考えてみます。
[PR]
by luxe-style | 2012-02-13 18:56 | カルトナージュ