<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポーセラーツ ~ポマンダー~

ポーセラーツレッスンで作ったポマンダーです。
ブーケの転写紙を使ってエレガントな雰囲気に。
一度焼成していただきましたが、
まだ完成ではなく、この後カリキュラムが進むと
本体の白地の部分にスポンジングで色をつけて完成になります。
c0173719_18504521.jpg


蓋の縁に施す金彩はプラチナ色にしてみました。
c0173719_18512659.jpg

[PR]
by luxe-style | 2012-10-28 19:02 | ポーセラーツ

ポーセラーツ ~カラーチャート~

c0173719_23235056.jpg
ポーセラーツのレッスンでこちらの色見本を作りました。
焼成後の色のイメージを確認する目的の
単色転写紙とグラデーション転写紙の色見本です。
形が気に入っている蝶々のクラフトパンチはマーサ・スチュワートのもの。

転写紙をクラフトパンチで型を抜いて、プレートにひたすら貼っていきます。
一度焼いてもらった後に2種類の白を貼りました。(←蝶々の上に貼った白丸)
これは、白を重ねて貼った際の見え方を確認するため。
丸が小さいので、貼るのがとっても大変で根気が要りましたが
今後ずっと使うものなので、お気に入りのデザインで作れてよかった!
[PR]
by luxe-style | 2012-10-17 23:35 | ポーセラーツ

秋の神戸

土曜日に夫を誘って神戸にお出かけしました。
まずは、江里佐代子の「截金(きりかね)」展を観るため
香雪美術館を訪れました。
c0173719_18391392.jpg
c0173719_18393011.jpg

c0173719_18404029.jpg

“截金(きりかね)とは、金箔・銀箔・プラチナ箔を細く切り、貼り合わせて文様を表現する
伝統技法。日本では特に仏像・仏画の衣や装身具を
荘厳(しょうごん:仏像や仏堂を美しくおごそかに飾ること)する技術として発達した。”
---主催者ホームページより抜粋

どの作品も気の遠くなるような細かい作業をされていることが想像できますが、
とても繊細で美しいものでした。
写真の毬のような形の作品は香盒でした。上下にパカッと開きます。
色使いの面では、金と銀(プラチナ)が喧嘩せず調和がとれていることが発見でした。
金箔が中心ですが、プラチナや銀も効果的に使われているのでした。
江里佐代子さんは、もともと仏教美術の装飾技法とされる截金を
香盒などの工芸品から屏風、衝立、
さらに京都迎賓館の舞台扉の装飾など建築空間にまで展開させた方だとか。
2007年に急逝されていますが
存命であれば、さらに活躍の場を拡げられていたかと思うと残念です。


美術館のあとは三宮に場所を移して、街をブラブラ。
TVで見て行ってみたかったジュエリーショップ「クアラントット」は大盛況。
ステキなお店でした。今度ゆっくり行ってみたいな。

c0173719_18415018.jpg

夕食は以前ランチが美味しかった県庁前の坂の上のレストラン「モンテ」に。
とても上品で工夫されたお料理です。
c0173719_18423899.jpg

c0173719_18425682.jpg

c0173719_18431562.jpg

c0173719_18433681.jpg

c0173719_18435184.jpg


c0173719_184431100.jpg

c0173719_18444931.jpg

前はプリフィクス・スタイルでお料理を選べるコースでしたが、
最近シェフのおまかせコース(2種)に変わっていました。
選べる楽しみがなくなってちょっと残念です。

上々のお天気で、この日はたくさん歩きました。
スマホの記録によれば、なんとこの日歩いた距離は14キロ。
疲れたけど楽しい一日でした。
[PR]
by luxe-style | 2012-10-15 18:54 | おでかけ

アンティークプレート

c0173719_151653.jpg

先週岡本のル・グラントレゾワに行った際に、こちらのプレートを購入しました!
19世紀のお品だそうで、Parisのオペラ座がモチーフになっています。

実は、前回行ったときに見つけていたのですが
迷った末に買わずに帰って後悔した経緯があり、
今度あったら買おうと心に決めていました。
ところが、アンティークのお皿のコーナーに無く---
やっぱり売れてしまった(T_T)、とがっかりしていたところ
お会計後に別の場所に飾ってあるのを見つけました!
一度は諦めたけど縁があったのかしら。
毎日、やっぱりステキ!と、うっとり眺めては悦に入ってます。


そして今回、こちらのアクセサリースタンドの大を買い足しました。
増殖する一方のタッセルの見せる収納用です。
以前小さい方を買ってタッセル架けにしたらいい感じだったのですが
今度は長いタッセルも架けられます。
長いタッセルを箱にしまって房に変なクセがついてしまうのが気になっていたので
これでちょっと安心です。
お店ではリースやトーションをディスプレイされていました。
c0173719_1512465.jpg

[PR]
by luxe-style | 2012-10-06 15:06 | お気に入り

カルトナージュ ~フォトフレーム~

c0173719_14272045.jpg

c0173719_14273833.jpg

9月の広岡先生のレッスンで作ったフォトフレームです。
額装の基本テクニックとも通じる応用範囲の広い作品とのこと。

おなじみローラシュレイのトワル柄
×私の好きなグレーのスキバルを組み合わせました。
写真やカードを入れないで、このまま飾るのももいいかな。
紙で作っている方のもとてもステキだったので、私もトライしてみたいです。
[PR]
by luxe-style | 2012-10-06 14:29 | カルトナージュ