晩秋の京都

少し前のお話。
11月の末にお友達と高台寺に蒼山日菜さんのレース切り絵展
「花は花に非ず」を観てきました。
写真撮影NGのため貧弱なボキャブラリーでしか伝えられませんが
今回は「花筏」や「夢」などの漢字を切った作品が繊細でありながら力強い美しさでした。
いつもは白と黒のモノクロームの世界ですが、
ディスプレイとして使われていた蝶々が優しい色合いのパープルやピンクで
カッティングされていたのも素敵でした。
明日10日まで開催中です。
あいにくのお天気で、お庭は雨に煙っています。

c0173719_16222084.jpg

c0173719_1623225.jpg


八坂神社の手前のジュヴァンセルで祗園フォンデュをいただきました。
濃厚なお抹茶のソースに絡めて食べるのですが、とても美味!
自然と笑顔になります。
最後に、残ったソースにホットミルクを注いでくれて抹茶ラテをいただけます♪
c0173719_16245582.jpg

ランチは御所南のフレンチ「ブラン・ピエール」で。
広岡先生のレッスン後にランチをして気に入ったお店で
少し遠いけどお友達をお連れしました。
幸いとても気に入ってくれて、一安心。

京都御苑の紅葉も色鮮やかだったのですが、
雨のため人影もまばらで…やはりお天気のいい日に行く場所のようです。
c0173719_16255713.jpg

c0173719_1626193.jpg

[PR]
by luxe-style | 2012-12-09 16:38 | おでかけ
<< DANRO カルトナージュ ~置時計~ >>