人気ブログランキング |

カテゴリ:おでかけ( 46 )

大山崎

c0173719_17194288.jpg

昨日夫とドライブがてら、大山崎山荘美術館へ行ってきました。
私がとても大切に思っている場所です。
今ではとても有名になってしまったけれど、あまりに好き過ぎて、人に教えたくない
とっておきの場所なのです。

今は企画展として「さて、大山崎~山口晃展」が開催中でした。
大山崎に縁の人物や史実に基づいた大和絵のような作品から
鳥瞰図スタイルの『大山崎交通乃圖』、
駄洒落がたっぷり効いた『邸内見立 洛中洛外圖』など
実に多彩な表現の作品スタイルがあり、楽しめます。
どれもよく見るとくすっと笑ってしまう仕掛けがほどこしてありました。

新館の「地中の宝石箱」は安藤忠雄氏の手による設計です。
大正から昭和初期にかけて作られた本館のクラカルなたたずまいとは
対照的な現代的な建物です。
モネの『睡蓮』(連作)や『アイリス』『日本の橋』などが所蔵されています。

c0173719_17202172.jpg

2月とは思えない温かさで春を思わせるうららかな一日でした。
春には満開の桜が咲くことでしょう!

             ☆         ☆         ☆
帰りに山崎駅前のRelishという雑貨屋さんに久々に立ち寄りました。
オーガニックや作り手の温かさが感じられるほんものの商品を置いている
とてもよい店です。
雑貨屋さん以外にお料理やソーイング、銅版画などいろいろな教室も
ありますよ。
by luxe-style | 2009-02-16 17:46 | おでかけ

細見美術館

c0173719_18371615.jpg

昨日、夫を誘って細見美術館に『琳派展ⅩⅠ 花の協奏曲』へ行ってきました。
細見美術館は京都・岡崎にある私設美術館です。
数年前にお茶会に参加して以来ずっと案内が送られてくるので
年数回足を運んでいます。
先週の月曜日妹と母と清水寺界隈に出かけたので、ついでに立ち寄りたかったのですが
あいにく月曜日は休館日ということで夫につきあってもらいました。

今回は四季折々の花々をモチーフにした琳派作品の展示でした。
屏風や襖絵などから団扇などの小品までが繊細に、時に大胆な筆致で
いきいきと描かれていて、やはり来てよかったと感じました。
最初の展示の、「伊年」印の草花図は、丁寧に写実的に描かれていて植物図鑑のよう。
もう江戸時代からこんな花があったのねと思いながら、花の名前と照らし合わせながら
見ると、とても面白かったです。
最終日とあっていつもよりお客さんが多いようでした。

そのあと三条方面へ戻る途中、疎水べりにある「ながぐつ亭」というイタリアンで
ランチをしました。
イタリアンとしては古いお店のようで、奇をてらうことなくオーソドックスなお料理で
ほっとする味でした。
三条通~錦市場~高島屋とたくさん歩いた一日でした。

c0173719_18374320.jpg

錦小路へ入る手前で『宮脇賣扇庵』さんのショーウィンドウの美しさに釘づけに。
でもとっても敷居が高そうだったので今回は外から眺めるだけ。
美術館で見た団扇や扇絵の伝統は現代にも脈々と受け継がれていました。
by luxe-style | 2009-02-09 17:37 | おでかけ

自由が丘散策

c0173719_14395566.jpg


c0173719_14403190.jpg

せっかく東京も近いのだからということで、 自由が丘へ。
その日は別行動でと言ってたのですが、結局夫がつきあってくれました。
事前に本で行きたいお店をいっぱいチェックしてましたが、
「私の部屋」や「ローラアシュレイ」という有名店はもちろん、
オーナーがお気に入りを少しずつ集めてやっている小さな雑貨屋さんまで
センスがよくてステキなお店の数は全国屈指です。
一日ではとても回りきれません。
今回残念だったのは王由由さんの「Twice」に行けなかったこと。
やっと探し当てて行ってみたものの、火・木・土曜日のみの営業
ということがわかりました。
今度は事前に連絡して訪ねてみたいです。
あいにくの雨降りで夕方にはだんだん寒くなってしまって
ちょっと風邪が悪化したかも。

写真のカフェは「LasLuces」。
偶然前を通りかかって感じがよさそうだったのですが、私の予感は正しかった!
アンティークな雰囲気が素敵であつあつのキッシュのセットがとても美味しかったです。
by luxe-style | 2008-11-24 20:34 | おでかけ

姪っ子ちゃん

c0173719_1464430.jpg

連休に義妹ファミリーの新居 新浦安へお邪魔しました。
ピッカピカの新築は気持ちがいいですね。とってもステキなお家でした。
12Fのベランダからは海が見えるし、天候がよけれが富士山も望めます。
そして、神奈川に住んでいる夫のおじさまや従兄弟さん達とも初対面を
果たすことができ、うれしい旅行でした。
姪っ子は弟くんが6月に生まれて、ちょっとお姉さんになってました。
いっぱい遊んで楽しかったね☆
お正月また会おうね!
c0173719_1461319.jpg

by luxe-style | 2008-11-23 14:02 | おでかけ

繁昌亭昼席

c0173719_22354392.jpg
c0173719_2356336.jpg

夫と二人で繁昌亭の昼席に行ってきました。
時間は13:00から中入り15分をはさんでたっぷり3時間、
終わったら16:00をまわっていました。
けれど、どれも本当に面白くて、おかしくて、、あっという間に過ぎた3時間でした。
演目は10席中8席が落語で、あとは、浪曲と曲独楽の色物が入ります。

なかでも楽しみにしていたのが林家染丸さんの落語。
その昔テレビでよく三味線のお囃子をされていた記憶がありましたが、
テレビでお見かけすることも無くなりしばらく忘れていました。
そんななか何年か前NGKに行ったとき、漫才と新喜劇の中に
染丸さんの落語が入っているのを偶然見たのですが
新喜劇よりもどの漫才よりも面白くて、印象深く
ぜひもう一度高座を見たいと思っていたのです。
その念願が遅まきながら叶いました。
今回の演目は『三十石』でした。
二人連れの旅人が京都伏見から大阪へ三十石舟で下る珍道中のお話。
大爆笑という性質のお話ではありませんでしたが、
生き生きとした登場人物の描き分けが素晴らしく船内の情景が浮かびました。
特筆すべきは長年のうちに培ってこられた所作の美しさ!
船頭さんの櫓を漕ぐ姿といい、お辞儀ひとつとっても、すべてにおいて美しい!
艶があって正統派の落語という趣で、大満足でした。

久しぶりにおなかを抱えて笑って、とにかく楽しめました。
こんなふうにに気軽に落語を楽しめる場所(=繁昌亭)が出来たのだから
また見に行こうと二人で話しました。
ちょっと欲張って前の方で見すぎて首が疲れたので、今度は少し後ろの席で。

高座が終わってから、着物を着替えた普段着姿の落語家さんが
お見送りをしてくださるのもなかなかよかったです(残念ながら染丸師匠は
トリだったのでいらっしゃいませんでしたが・・・)。
by luxe-style | 2008-10-13 21:50 | おでかけ

床みどりとガーデンミュージアム比叡


c0173719_1843066.jpg
連休の真ん中に実相院を訪ねました。
少し前に「旅の香り」という旅番組で紹介されていて
行きたかった場所なのです。

場所は京都の北東に位置する岩倉。
北山通りや白川通りの賑わいとは違って静かなところです。
寺院の住職を天皇家の血を引く方々が務められていた格式の高い寺院で
岩倉門跡とよばれているそうです。

比叡山を借景にしたお庭も美しいのですが
今回の訪問の目的は部屋の黒光りした床に庭のもみじが映る「床みどり」。
直接見るもみじではなく、床に映すもみじの姿を愛でるというのは
いかにも日本人的感覚ではないでしょうか。
緑の時期は“床みどり”、そして紅葉の季節は“床もみじ”と呼ぶそうで
特に紅葉は人気だとか。
ひっそりとした佇まいがことのほか落ち着いて、夫も気に入っていたようです。
次は秋にもぜひ来たいねと話しました。

※室内での撮影は禁止されているため、
 絵葉書の写真(汚くてごめんなさい!)です↓
c0173719_1911320.jpg


この後、せっかくここまで来たのだからと比叡山へドライブ。
私の大好きスポット、ガーデンミュージアムです。
c0173719_1849963.jpg

c0173719_18545577.jpg

ここ数日お天気がよすぎて、ちょっと水が足りていない様子の花もありましたが
たくさんのお花が元気に咲いていました。薔薇もまだ咲いてました!
写真は「サンテグジュペリ」という名の薔薇↓
c0173719_18521298.jpg


何度も行っている場所ですが、今回が一番人が多かったです。
カフェでは定番のビーフシチューとローズアイスを食べました♪
by luxe-style | 2008-07-15 17:33 | おでかけ